2012年9月21日金曜日

.NET VisualStudioでSQLiteを使用する

Androidで使用するSQLiteデータベースをPC側で作成したいと思います。
少量のデータでしたらAndroid SQLiteのGUIツールで紹介したツールを使えば作成できます。
今回はVisualStudioでSQLiteを使えるようにしたいと思います。

ADO.NET 2.0 Provider for SQLiteをインストール

以下のサイトよりSQLitem-1.0.66.0-setup.exeをダウンロードします。
http://sqlite.phxsoftware.com/
SQLite-1.0.66.0-managedonly-binaries.zip:クラスライブラリのみ
SQLitem-1.0.66.0-setup.exe:setupファイル。IDEへの登録も行う。サーバーエクスプローラなどから使用したければこちらを選択
ダウンロードしたSQLitem-1.0.66.0-setup.exeをインストールします。

VisualStudioからSQLiteを使用する

VisualStudio2008での解説です。
VisualStudioを起動し、プロジェクトを作成します。

サーバーエクスプローラより「データ接続」を右クリックし「接続の追加」を選択。
開いたダイアログのデータソースをSQLiteに変更します。
「NEW...」ボタンで新しいデータベースを作成します。

プログラムからデータベースへアクセスする方法も従来と同じです。
参照設定に「System.Data.SQLite」を追加します。
Private Sub AccessSQLite()
        Const CONNECTION_STRING As String = "data source=C:\Android\Database\HelloAndroid"
        Const PROVIDER_NAME As String = "System.Data.SQLite"

        Dim factory As DbProviderFactory = DbProviderFactories.GetFactory(PROVIDER_NAME)
        Using cnn As DbConnection = factory.CreateConnection()
            cnn.ConnectionString = CONNECTION_STRING
            cnn.Open()
            Try
                Using cmd As DbCommand = factory.CreateCommand
                    cmd.Connection = cnn
                    cmd.CommandText = "CREATE TABLE 省略"
                    cmd.ExecuteNonQuery()
                End Using
            Finally
                cnn.Close()
            End Try
        End Using
    End Sub

0 件のコメント: