2012年11月1日木曜日

Android GridView 基本的な使い方

GridViewのもっとも基本的な使い方です。
  1. データとなるString配列を作成する
  2. String配列用のアダプターを作成する
  3. グリッドにアダプターを設定する
public class MainActivity extends Activity {

    private GridView mGridView = null;
    
    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);
        
        mGridView = (GridView)findViewById(R.id.gridView1);
        //グリッド4列表示
        mGridView.setNumColumns(4);
        //表示する文字列データ作成
        List<String> lstStr = new ArrayList<String>();
        for (int i = 0; i < 100; i++) {
            lstStr.add("item " + String.valueOf(i));
        }
        //グリッド用のアダプターを作成
        ArrayAdapter<String> adapter = new ArrayAdapter<String>(
                this, android.R.layout.simple_list_item_1, lstStr);
        //グリッドにアダプターをセット
        mGridView.setAdapter(adapter); 
       
    }
}

0 件のコメント: