2010年9月24日金曜日

Android コーディング規約

Androidのコーティング規約です。
コントリビュータのためのAndroidコードスタイルガイドライン 日本語訳

一部抜粋です。
1.コメント/Javadoc: コメント/Javadocを書いてください。そこでは標準のスタイルを使ってください。
2.簡潔なメソッド: 巨大なメソッドを書いてはいけません。
3.フィールド: フィールドはファイルの先頭か、フィールドを使うメソッドの直前に書いてください。
4.ローカル変数: ローカル変数のスコープは限定するようにしてください。
5.インポート: android関連; サードパーティ製(アルファベット順); java(x) という順序でインポートしてください。
6.インデント: インデントにはスペース4つを使ってください。タブを使ってはいけません。
7.行の長さ: 1行は100カラムまでにしてください。
8.フィールド名: 非パブリック、非スタティックフィールドは m で始めてください。
9.中括弧: 開き中括弧で行を始めてはいけません。
10.アノテーション: 標準のアノテーションを使ってください。
11.頭字語(アクロニム)は単語: 名前では頭字語を単語として扱ってください。例えば、XmlHttpRequest、getUrl() など。
12.TODOのスタイル: 「TODO: こんな風に書いてください」
13.一貫性: まわりをよく見てください!
14.ログ記録: ログを記録するときには注意してください。ログにもコストがかかるのです。

0 件のコメント: