2010年9月3日金曜日

Android HelloWorldを表示してみる

Eclipseを起動しメニューより「ファイル」→「新規」→「プロジェクト」を選択します。
「Androidプロジェクト」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。


新規Androidプロジェクトダイアログが表示されるので以下の項目を設定します。

プロジェクト名:プロジェクトの名前(ここではAndroid)
ビルド・ターゲット:Androidのバージョン(ここではAndroid1.6)
アプリケーション名:タイトルに表示するアプリケーションの名称(ここではHelloWorld)

パッケージ名:クラス名の衝突をさけるための名前空間(ここではyan.android.helloworld)
Create Activity:プラグインによって生成されるアクティビティクラスの名前(ここではHelloWorld)
Min SDK Version:アプリケーションが最低限動作保証するSDKのターゲットID。
※Android1.6の場合は4、Android2.1の場合は7。
ビルド・ターゲットで選択した「API Level」を指定します。


「Create Activity」で指定したアクティビティ名が付いた、Helloアクティビティ名.java(ここではHelloWorld.java)が自動生成されています。


自動生成されているHelloWorld.javaを実行してみます。
Eclipseの「実行」メニューより「実行」を選択します。
開いたダイアログより「Androidアプリケーション」を選択し「OK」ボタンを押します。


エミュレータが起動します。
スクリーンがロックされているので「Menu」ボタンで解除します。



続いて「Sorry! Process android-process.media is not responding.」と表示された場合は「Force Close」をクリックします。


エミュレータの起動に時間がかかるので、しばらく待ちます。
やっと「Hello World」が表示されました。


エミュレータの起動が遅いなぁ・・・

0 件のコメント: