2009年6月5日金曜日

Java AWT 実行ファイルに埋めこれたリソースファイルから画像を表示する

画像やテキストファイルを実行ファイルに埋め込むにはで埋め込んだ画像ファイルを表示します。


ClassクラスのgetResouceメソッドを使用しリソースファイルのURLインスタンスを取得します。
ComponentクラスのcreateImageメソッドを使用し、URLインスタンスからImageインスタンスを作成します。

そしてFrameクラスのpaintメソッドで作成したImageインスタンスを描画します。

package graphicsSample;

import java.awt.Frame;
import java.awt.Graphics;
import java.awt.Image;
import java.awt.image.ImageProducer;
import java.net.URL;

public class GraphicSample02 extends Frame{

private static final long serialVersionUID = 1L;

public static void main(String args[]){
new GraphicSample02();
}

Image img = null;

public GraphicSample02(){
this.setTitle("GraphicSample02");
this.setSize(500,500);

//リソースよりイメージ画像を取得します。
URL url = this.getClass().getResource("Sample1.jpg");
try{
img = this.createImage((ImageProducer)url.getContent());
}catch(Exception ex){}


this.setVisible(true);
}

public void paint(Graphics g) {
//イメージ画像を描画します。
g.drawImage(img,50,50,this);
}

}

0 件のコメント: