2009年5月3日日曜日

Java AWT レイアウトマネージャ GridLayout

GridLayout は、コンテナを縦横に分割し左上から横方向に順番にコントロールを組み込んでいきます。

package MyPackage1;

import java.awt.*;
import java.awt.event.*;

public class GridLayoutSample {

/*
* エントリーポイント
*/
public static void main(String args[]){
new GridLayoutSample();
}

/*
* コンストラクタ
*/
public GridLayoutSample(){
//フレームを作成します。
Frame frm = new Frame("GridLayoutSample");
//フレームサイズを指定します。  
frm.setSize(300,300);  
//無名クラスを使用してFrameを閉じます。
frm.addWindowListener(new WindowAdapter(){
public void windowClosing(WindowEvent ev){
System.exit(0);
}
});
//レイアウトを設定します。(3行4列)
frm.setLayout(new GridLayout(3,4));
//ボタンを追加します。
for (int idx = 0; idx < 10; idx++){  
frm.add(new Button("Button" + Integer.toString(idx)));  
}
//フレームを表示します。
frm.setVisible(true);   
}
}

0 件のコメント: