2009年5月3日日曜日

Java AWT レイアウトマネージャ BorderLayout

BorderLayout は、画面を上下左右中の 5つのブロックに分け、それぞれに部品を配置します。5つのブロックはそれぞれ、東西南北中央(East, West, South, North, Center)で示されます。

package MyPackage1;

import java.awt.*;
import java.awt.event.*;

public class BorderLayoutSample {
/*
* エントリポイント
*/
public static void main(String args[]){
new BorderLayoutSample();
}

/*
* コンストラクタ
*/
public BorderLayoutSample(){
//フレームを作成します。
Frame frm = new Frame();
//フレームタイトルを指定します。
frm.setTitle("BorderLayoutSample");
//フレームサイズを指定します。
frm.setSize(300,300);
//無名クラスを使用してFrameを閉じます。
frm.addWindowListener(new WindowAdapter(){
public void windowClosing(WindowEvent ev){
System.exit(0);
}
});
//BorderLayoutを使用してボタンを配置します。 
frm.add(new Button("NORTH"),BorderLayout.NORTH);
frm.add(new Button("WEST"),BorderLayout.WEST);
frm.add(new Button("SOUTH"),BorderLayout.SOUTH);
frm.add(new Button("EAST"),BorderLayout.EAST);
frm.add(new Button("CENTER"),BorderLayout.CENTER);
//フレームを表示します。
frm.setVisible(true);  
}
}


0 件のコメント: