2009年5月29日金曜日

Java AWT Windowイベント

WindowStateListener
windowStateChangedウインドウの状態が変更された際に発生する


WindowListener
windowActivatedウィンドウがアクティブ化されると呼び出されます。
windowClosedウィンドウがクローズされると呼び出されます。
windowClosingウィンドウがクローズ処理中である時に呼び出されます。
windowDeactivatedウィンドウが非アクティブ化されると呼び出されます。
windowDeiconifiedウィンドウが最小化された状態から通常の状態に変更されたときに呼び出されます。
windowIconifiedウィンドウが通常の状態から最小化された状態に変更されたときに呼び出されます。
windowOpenedウィンドウがオープンされると呼び出されます。


WindowAdapter : WindowStateListener、 WindowListenerを実装したクラス


WidowAdapterクラスでwindowStateChangedとwindowClosingを処理するサンプルです。
同じWindowAdapterクラスでも
windowStateChangedを処理する場合は、FrameクラスのaddWindowStateListenerで追加し
windowClosingを処理する場合は、FrameクラスのaddWindowListenerで追加します。

package MyPackage1;

import java.awt.*;
import java.awt.event.*;

public class WindowEventSample {

public static void main(String args[]){
new WindowEventSample();
}

Frame frm;
Label lbl;
public WindowEventSample(){
frm = new Frame("WindowEventSample");
frm.setSize(300,300);
frm.addWindowListener(new MyWindowAdapter());
frm.addWindowStateListener(new MyWindowAdapter());

lbl = new Label();
frm.add(lbl);

frm.setVisible(true);

}

private class MyWindowAdapter extends WindowAdapter{

public void windowStateChanged(WindowEvent arg0) {
lbl.setText("windowStateChanged"); 
}

public void windowClosing(WindowEvent e) {
System.exit(0);
}

}

}





フォームを最大化すると「windowStateChanged」が表示されます。

0 件のコメント: