2009年5月5日火曜日

Java AWT TextAreaコンポーネント

複数行入力用のコンポーネントです。
Enterキーで改行するため、ActionListener.actionPerformedメソッドは発生しません。
指定した行数および列数は、表示の際の最適サイズなどの計算にのみ使用しており、入力制限を行うものではありません。

package MyPackage1;

import java.awt.*;
import java.awt.event.*;

public class TextAreaSample {

/*
* エントリーポイント
*/
public static void main(String args[]){
new TextAreaSample();
}

Frame frm;
TextArea ta1;
/*
* コンストラクタ
*/
public TextAreaSample(){
//Fフレームを作成します。
frm = new Frame("TextAreaSample");
frm.setSize(300,300);
frm.addWindowListener(new WindowAdapter(){
public void windowClosing(WindowEvent ev){
System.exit(0);
}
});
//テキストエリアコンポーネントを作成します。
ta1 = new TextArea(10,20);
//フレームにコンポーネントを追加します。
frm.add(ta1,BorderLayout.NORTH);
//フレームを表示します。
frm.setVisible(true);
}

}

0 件のコメント: