2009年4月8日水曜日

Java JDKのダウンロードとインストール

JDKとは


JDKとはJava言語でプログラミングを行なう際に必要な最低限のソフトウェアのセットです。
Ver5.0以前は「Java 2 Software Development Kit(J2SE)」と呼ばれていました。
Ver5.0からは「JDK(Java SE DevelopmentKit)」と呼ばれています。

JDKのダウンロード


以下のサイトより「JDK 6 Update 13」をダウンロードします。
http://java.sun.com/javase/ja/6/download.html


Windowsユーザは「Windows」を選びます。


JDKのインストール


ダウンロードした「jdk-6u13-windows-i586-p.exe」を実行します。

使用許諾契約画面です。


インストールする内容を設定します。
デフォルトの「開発ツール」を選択します。


Javaをインストールするフォルダを指定します。


インストールの終了です。


環境設定


Vistaの場合、コンピュータのプロパティ画面より「システムの詳細設定」リンクをクリックし「システムプロパティ画面」を開きます。
「詳細設定」タブの「環境変数」ボタンをクリックします。


「システム環境変数」のリストより「Path」を選択し「編集」ボタンをクリックします。


編数値の末尾に「;」をつけ、「%Java_HOME%bin;」を追記します。


システム環境変数の「新規」ボタンをクリックします。


変数名:JAVA_HOME
編数値:JDKのパス
JDKのパスはデフォルトで「C:¥Program Files¥Java¥jdk1.6.0_13」になっています。

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

誠に勝手ながら私サイトにおいて貴サイトの画像を使用させて頂きます。
不当と判断された場合は直ちに使用を中断致しますので下記ブログの方へ連絡頂ければ幸いです。
URL:http://ameblo.jp/jmdn2/

尚、貴サイトのようにwebページ上の画像を使用する方法を教えて頂ければ幸いです。