2008年12月11日木曜日

GrapeCityTool MultiRow5.0J 数値型ユーザ定義セルを改造してハマった

以前に数値型セルを作成しました。
MultiRow 5.0J ユーザ定義セル
この数値セルは最小値~最大値の範囲外の値が入力または設定されると
セルクラスのOnCellFormattingメソッドでNothingを設定するようにしていました。

今回は、最小値~最大値の範囲外の値が「設定」された場合はNothingを設定し
範囲外の値が「入力」されたときは、入力前の値を表示するよう変更しようとしたのですが
大いにハマりました。

入力前の値はセルクラスのInitializeEditingControlメソッドの引数formattedValueでセルクラスのインスタンス変数に退避したのですが、
セルクラスのOnCellFormattingメソッドでこの退避した値を参照すると常にNothingが返ります。

結論
退避したインスタンス変数をCloneメソッドで作成したオブジェクトに設定しなければならない。


MultiRow5.0J…もう嫌だ。

0 件のコメント: