2007年6月14日木曜日

.NET クリスタルレポート

仕事ではサードパーティ製の帳票ツールを使用することがほとんどで、クリスタルレポートをあまり使うことはありません。今回は個人的に使うちょっとしたプログラムなのでクリスタルレポートを使用しました。

そういえば、この業界に入った時は帳票プログラムばかりやらされました。帳票関係は面倒ですし、バグを出しても影響が少ないですからね。最近では帳票関係は新人さんに作ってもらっています。だって面倒だもん(ハァト)



まずクリスタルレポートを作成します。
[追加]-[新しい項目]-[Crystalレポート]です。
Crystal Reports ギャラリで[空のレポート]を選択します。


レポートが作成されます。


ツールバーの[CrystalReports]メニューより[データベース]-[データベースエキスパート]を起動します。

[プロジェクトデータ]からレポートに使用する型付DataSetを[≫]で選択します。
*ここでDataBaseに接続しデータを取り出すこともできます。

フィールドエクスプローラの[データベースフィールド]から使用するフィールドをセクションにドラッグします。*フィールドエクスプローラが表示されていない場合は、ツールバーの[CrystalReports]メニューより[フィールドエクスプローラで表示します。

とりあえずレポート側はこれで完成です。


次にプレビュー画面を作成します。
[追加]-[新しい項目]-[Windwosフォーム]です。
作成したフォームにツールボックスより[CrystalReportViewer]コントロールをドラッグします。

とりあえずプレビュー画面はこれで完成です。

後は、プレビュー画面を表示するボタンのクリックイベントに下記のコードを書きます。
Dim rpt As New CrystalReport1
rpt.SetDataSouce(データを格納したデータセット)
Form1.CrystalReportViewer1.ReportSource = rpt
Form1.ShowDialog()

0 件のコメント: