2007年5月21日月曜日

.NET XPスタイルにする

過去記事スタートアップオブジェクトをSub MainにするでアプリケーションのエントリーポイントをSub Mainにしました。

Windowsアプリケーションプロジェクトのプロパティよりアプリケーションタブを表示し、「アプリケーションフレームワークを有効にする」チェックボックスをOFFにすることで、アプリケーションのエントリーポイントをSub Mainできるわけですが、同時に「アプリケーションフレームワークを有効にする」チェックボックスがONの場合にWindowsアプリケーションフレームワークのプロパティで設定できるXPスタイルの設定やスプラッシュウインドウの表示などを、自分で定義しないといけません。

XPスタイルにするにはSub MainにApplication.EnableVisualStylesの一文を追加します。

Public Class Main Public Shared Sub Main() 'XPスタイルにする。 Application.EnableVisualStyles() 'Form1を起動します。 Application.Run(New Form1()) End Sub End Class

0 件のコメント: